大学院受験のかたへ

応用物理学分野の現況

研究・教育組織:
応用物理学分野は、量子物理工学講座と構造物性学講座に属する物性基礎工学、量子物性工学、光物理工学、構造物性工学、磁性材料工学、レオロジー物理工学の6研究グループから構成されています。その他に、併坦講座に属する7つの研究グループが研究教育にあたっています。併坦講座には、結晶材料工学専攻の界面物性工学、電子物性工学、ナノ構造制御工学、量子工学専攻の極限物性工学、計算理工学専攻の数理工学、先端物理シミュレーション工学、ソフトマテリアル工学研究グループがあります。

沿革

あらゆる技術の基礎となる現代物理学の素養を持ち、その最新の成果を直ちに工業に応用して新技術を開発できる技術者、研究者を養成するために、昭和34年(1959年)に応用物理学科が設置されました。工学部の応用物理学科につながった大学院の専攻として教育研究を行ってきましたが、昭和52年(1977年)の結晶材料工学専攻の設置に伴い、一部の講座が移動しました。また、平成9年(1997年)には、大学院重点化に伴い、量子工学専攻と計算理工学専攻に4つの講座が移動しました。結晶材料工学専攻、量子工学専攻、計算理工学専攻は、工学研究科では複合専攻のカテゴリーに属します。応用物理学分野は、これらの専攻に属する講座と協力して専門分野を横断的にむすぶ総合的な教育と研究を行っています。

特徴

私たちが生きている現代、科学技術の発展には目覚しいものがあります。新しく発見された物理学の原理や新しく創られた物質が、直ちに工業技術に応用されています。そのため、物理学や数理科学に基礎をおいた教育と研究の重要性がますます高まっています。また、科学技術は特定の分野での高度化、細分化が進むと同時に、従来の学問分野を越えた新しい分野が生まれ、多様化する方向にあります。特に、工学と理学を融合させた多元的な材料科学、応用物理学を発展させることが重要となっています。
応用物理学分野の特徴は、(1)物性物理学、材料科学が対象とする物質とその性質、機能の多様化と高度化に対応できる研究者、高等技術者、(2)工業上の明確な目的を持った基礎的研究を、物理学の原理に立脚して行うことのできる研究者、高等技術者、(3)工学の他分野ばかりでなく、理学、医学との境界領域の研究を創造することのできる研究者、高等技術者を養成する教育と研究を行うことです。応用物理学分野の研究教育分野は、ナノ構造物質、生体物質、有機固体を含む種々の新物質の開発、構造解析、及びそれらの量子現象や機能の解明、さらに、計算機を利用した物性理論、数理・流体物理学の分野です。

教育の目的

1:養成しようとする人材像と教育内容

体系的学問の知識の上に立ち、応用物理学および関連の学際的分野の深くかつ幅広い専門知識に基づいて、新しい工学・技術を創造する能力を有し、高い創造性と先見性、および豊かな国際性を持って科学と技術の分野において指導的役割を果たすことができる研究者・技術者を養成することを目的とする。博士課程(前期)では、物性物理学や材料科学とその応用に関わる分野の学問の修得、総合的判断力、応用力および課題発掘・問題解決能力の養成を目指す。博士課程(後期)では、独創的な研究の実践を通して単独の専門領域のみならず境界的領域を創造する指導的な技術者、研究者の養成を目指す。

2:学生の受入及び教育の方法

物性物理学、材料科学およびその応用分野における課題発掘・問題解決に必要な資質・能力およびグローバルな表現能力を養成するために、意欲と多様な素質・能力をもつ学生を受入れる方法と教育方法の工夫を図る。

3:教育を行う体制

境界領域を構成する複合専攻と連携して教育と研究の指導を行い、境界的領域を創造するために必要な教育・研究内容の充実を目指す。

4:学習を支援する体制

学生が自主的に学習・研究する能力を養うことが出来るような学習支援環境を提供する。

教育の目標

1) 教育目的に沿って以下の能力を養う教育を行います。
物性物理学や材料科学が対象とする様々な物質の性質、機能に関して高度かつ広範な知識を習得する。
単独の専門領域を越えて総合的に理解し判断する力を養い、境界的領域を創造する能力を養成する。
課題を創造的に見出し、論理的思考を経て問題を解決する能力を、高度な研究の実践を通して養成する。
国内外において積極的にコミュニケーションを行う能力を養成する。
深い学識と国際的視野をもって科学技術を実践する力を養成する。

2) 教育目的を実行するため以下の教育を重視します。
材料科学および計算科学を専門とする結晶材料工学専攻、量子工学専攻、計算理工学専攻およびエコトピア科学研究所、計算科学連携教育研究センター等関連センターの教員と連携して教育と研究指導を行う。
博士課程(前期)では、広い分野の基礎を修得し、高度な専門分野の履修が可能な学生を選抜するための入学試験制度を充実する。博士課程(後期)では、高度な研究を行うことが出来る基礎的知識と資質を有する学生を選抜する入学試験を行う。
他研究機関との共同研究、全国共同利用研究機関等の共同利用を通して、研究領域を広げるとともに、研究者、高度職業人としての自覚・意欲を高める。
学位論文の作成に関わる研究指導を通した個別指導と全体的評価の充実を図る。
学生の自主的な学習、研究を支援し、かつ研究能力を養成するために演習・セミナーの指導、研究指導を充実させる。
国際的視野をもって科学技術を実践し、積極的にコミュニケーションを行う能力を養成するために、セミナーを重視するとともに国内外の学会・研究会参加を奨励する。
学生の自主的学習・研究を支援するために、教育研究設備、情報システム、文献検索システム、プレゼンテーション設備の充実を図る。

応用物理学分野のカリキュラム

ページの先頭に戻る